FXの通貨単位とは?最低取引単位は?

FXの通貨単位とは?最低取引単位は?

FXの通貨単位とは

FXで、1通貨単位というのは、各国の通貨単位のことをいいます。

日本円であれば「1円」、米ドルであれば「1ドル」、ユーロであれば「1ユーロ」といった具合です。

では「1,000通貨単位から取引が可能です」とはどういうことかと言うと、「1ドル=100円」のレートであれば「100円×1,000=10万円」から取引することができるという事になります。

最低取引単位は?

最低取引単位とは、FX取引を行う際に、最低限必要な通貨単位のことを言います。

これまでは、1万通貨単位での取引が主流でしたが、近年では1,000通貨単位や、100通貨単位、1通貨単位など、FX会社によって違いが出てきています。

1通貨単位で「1ドル=100円」のレートの場合、レバレッジ25倍をかけることで、わずか「4円」から取引が可能となります。

少ない資金で取引を始めたい場合は、最低取引単位が少ないFX会社を選ぶといいでしょう。

少ない通貨単位で取引するメリット

大きい通貨単位で取引をすると、その分動くお金が大きくなるので、大きな収益を得られるメリットがある半面、大きな損失を得るリスクがあります。

対して、少ない通貨単位で取引すると、儲けは少ないですが、リスクを最小限に抑えることができます。

まだFXに慣れていない初心者や、リスク分散したい人は、最低取引単位が少ないFX会社を選んだ方が、大きなメリットとなります。

1通貨単位から取引できるFX会社

1通貨単位から取引できるFX会社を紹介します。

まずは少ない資金でFXを始めたい人にぴったりです。

リスクを抑えて、徐々に取引に慣れていくことが出来るので、初心者はぜひ選びたい会社です。

1通貨単位で取引ができるFX会社の中でも、特におすすめの会社を紹介します。

SBI FXトレード

SBI FXトレードは、1通貨単位から取引が可能です。※もちろん1,000通貨、1万通貨での取引も可能

スプレッド(手数料のようなもの)が狭く、利益を出しやすい環境なので、初心者にもおすすめできます。

特に米ドルのスプレッドが非常に狭いです!

また、口座開設キャンペーンで500円が入金されます。1通貨単位で取引可能なので、この500円でも十分取引ができます。

初心者の方は、まずはFX取引とはどんなものか、キャンペーンを利用してお金を一切かけずに始めてみてはいかがでしょうか。

SBIFXトレード

OANDA JAPAN


OANDA JAPANも1通貨単位での取引が可能です。

OANDA JAPANは、SBI FXトレードと比べると若干取引時の手数料がかかりますが、リアルタイムでスワップポイント(金利のようなもの)が計算されるところが大きなメリットです。

そのため、1秒持っていると、その分の利息を得ることができ、無駄がありません。

スワップポイントで稼ぐには欠かせないFX会社です。

SBI FXトレードと合わせて口座開設をするといいでしょう。

OANDA Japan

MT4を安定稼働!進化した超高速自動トレードFX専用VPS

FXの自動売買に最適なMT4ですが、自宅のPCを使うとなると、24時間自宅のPCをつけっぱなしにしなくてはならず、PCへの負荷もかかり、電気代も多くかかってしまいますよね。

しかし、デスクトップクラウドなら、ネットワーク上の仮想環境でMT4を稼働させておくことができるので、自宅のPCの電源を付けておく必要もなく、外出先からもアクセスすることが可能になります。

お名前.comの『デスクトップクラウド for MT4』は、MT4を安定稼働させるために開発されたFX専用VPSサーバーです。

MT4はプリインストールされているから自身でインストールする必要はありません。難しい設定等は一切不要なので、初心者でも簡単にすぐに自動売買をスタートすることができます。

全プランSSD搭載だから、スピードと快適さも抜群です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です