FXのレバレッジ1倍でロスカットリスクを減らせる?外貨預金との違いは?

FXのレバレッジ1倍でロスカットリスクを減らせる?外貨預金との違いは?

レバレッジ1倍の取引とは、レバレッジをかけずにFX取引を行うことを言います。

レバレッジをかけないため、得られる利益は少なくなりますが、損失のリスクを最小限に抑えることが出来るため、FX初心者でも安心して運用することが出来ます。

今回はレバレッジ1倍で取引することのメリットやデメリットなど詳しく解説します。

そもそもレバレッジとは

FXのレバレッジとは、手元の資金(取引保証金)を担保として、その何倍もの金額で取引できる仕組みのことを言います。

本来、資金が10万円であれば「10万円」分の取引しか出来ないはずですが、例えばレバレッジ25倍をかけると「250万円」分の取引が出来るようになります。

レバレッジをかけることで少ない資金でも大きな外貨の取引を行うことが出来るようになり、より大きな利益を狙えますが、その反面大きな損失を出すリスクもあります。最悪の場合ロスカット(一定の含み損が発生した際に、更なる損失の拡大を防ぐために強制的に決済させる制度)されてしまいます。

レバレッジ1倍で運用するメリット

強制ロスカットのリスクを減らせる

レバレッジ1倍で運用する最大のメリットは、強制ロスカットのリスクを減らすことが出来ることです。

例えば、1ドル=100円で米ドルを購入(1万通貨単位)したとします。証拠金は「100万円」、証拠金維持率(ロスカットライン)「50%」とします。

■レバレッジ25倍の場合、

(100円 × 1万 - 100万円 × 0.5 / 25) / 1万 = 98円

となり、レートが「98円」未満(2円以上円高)になるとロスカットされます。

■レバレッジ1倍の場合、

(100円 × 1万 - 100万円 × 0.5) / 1万 = 50円

となり、レートが「50円」未満(50円以上円高)になるとロスカットされます。

このように、レバレッジを1倍にすることで、小さな価格変動によるロスカットのリスクを減らすことが出来ますので、安全に資産運用を出来るようになります。

低リスクでスワップポイントを受け取れる

トルコリラなどの高金利通貨を保有していると、2通貨間の金利差であるスワップポイントを得ることが出来ます。

レバレッジを1倍にすることでロスカットのリスクは低くなるため、為替相場を細かく気にする必要なく、安心して長期にわたってスワップポイントを受け取ることが出来ます。

レバレッジ1倍のデメリット

得られる利益は小さくなる

レバレッジ1倍で取引した場合、レバレッジをかけた場合と比べると得られる利益は小さくなります。

例えば、資金が100万円で、「1ドル=100円」の時に米ドルを購入し、その後「1ドル=101円」に上がったとします。

レバレッジ1倍の場合は、利益は「1万円」となり、
レバレッジを10倍にしていた場合は、利益は「10万円」となります。

このように、得られる利益に大きな差が出てしまうことになります。

ロスカットの可能性はゼロではない

レバレッジを1倍にすると、強制ロスカットのリスクを減らすことが出来ますが、レバレッジを1倍にしたからといって、ロスカットのリスクがゼロになるわけではありません。

レバレッジ1倍の場合でも、証拠金維持率はあらかじめしっかりと把握しておき、ロスカットにならないように日々注意しておくことが大切です。状況に応じて資金を追加したり、損切りをするなどのリスク管理をするようにしましょう。

外貨預金と比べた場合のメリット

「レバレッジ1倍のFX取引と外貨預金はどう違うの?」と疑問に思っている方もいるかもしれません。

レバレッジ1倍のFX取引には、外貨預金と比べてどんなメリットがあるのか紹介します。

コストを抑えられる

外貨預金の場合、「円から外貨」「外貨から円」に両替する際に為替手数料がかかります。

一方、FXの場合は、多くのFX会社において取引手数料が無料となっています。ただ、FXには取引時に買値と売値の差であるスプレッドが発生しますが、外貨預金にかかるコストと比べると割安で済みます。

「買い」も「売り」もできる

外貨預金は「買い」しか出来ないため、相場が上昇局面の時しか利益を狙えません。

一方、FXの場合は、「買い」だけでなく「売り」から入る取引も出来るので、相場が下落局面の時にも利益を狙えるチャンスがあります。

金利の利回りが高い

FXには、外貨預金の金利に相当するスワップポイントがあります。

スワップポイントとは、2通貨間の金利差のことを言います。低金利通貨を売り、高金利の通貨を買って持ち続けると、通貨の金利差が手元に入ってきます。

スワップポイントは、外貨預金の金利よりも利回りが高いです。

ただし、高金利の通貨を売って、低金利の通貨を買った場合には、反対にスワップポイントを支払うことになるので注意が必要です。

満期がない

外貨預金には基本的に満期が設定されています。そのため、相場が下落していた場合でも、満期時に円に戻さなければならず、強制的に損失を確定させられてしまうことになります。

一方、FXには満期がありません。自分の好きなタイミングで売買が出来るので、利益を伸ばせる確率が高くなります。

信託保全がある

外貨預金は、預金保護制度の対象外ですので、預け入れた銀行が倒産した場合、資産の全額保証がされない可能性があります。

一方、FXには信託保全がありますので、万が一FX会社が倒産しても、資産は全額返還されますので安心です。

レバレッジ1倍で取引できるおすすめFX会社

レバレッジ1倍で取引できるおすすめのFX会社を紹介します。

基本的には業界大手などの実績のある安心して取引できるFX会社がいいでしょう。

レバレッジの倍率に関わらず、信頼性・安全性の高いFX会社を選ぶことは非常に大切です。

それから、長期間ポジションを保有するので、スワップポイントが高いFX会社を選ぶことがポイントです。

LIGHT FX

レイダーズ証券【LIGHT FX】

LIGHT FXは多くの通貨ペアにおいて高スワップポイントで提供されています。

また、1,000通貨単位での取引に対応しているので、少額からスタートすることも可能です。スプレッドが狭いのも嬉しいポイントです。

みんなのFX

トレイダーズ証券[みんなのFX]

みんなのFXも、ほぼ全ての通貨ペアにおいて高スワップポイントで提供されています。約定力が非常に高いのも大きな特徴です。

1,000通貨単位の取引にも対応しています。

DMMFX

人気・知名度で選ぶならDMMFXでしょう。口座開設数が非常に多く、信頼性・安全性は抜群です。

選んでおいて間違いのないFX会社です。

MT4を安定稼働!進化した超高速自動トレードFX専用VPS

FXの自動売買に最適なMT4ですが、自宅のPCを使うとなると、24時間自宅のPCをつけっぱなしにしなくてはならず、PCへの負荷もかかり、電気代も多くかかってしまいますよね。

しかし、デスクトップクラウドなら、ネットワーク上の仮想環境でMT4を稼働させておくことができるので、自宅のPCの電源を付けておく必要もなく、外出先からもアクセスすることが可能になります。

お名前.comの『デスクトップクラウド for MT4』は、MT4を安定稼働させるために開発されたFX専用VPSサーバーです。

MT4はプリインストールされているから自身でインストールする必要はありません。難しい設定等は一切不要なので、初心者でも簡単にすぐに自動売買をスタートすることができます。

全プランSSD搭載だから、スピードと快適さも抜群です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です